軌跡
歌:神谷浩史.小野大輔

君の語った夢を 僕はまだ憶えてる
泣きながらの言葉は とても光ってみえた

始発待ち 誰もいない駅のホーム
すれ違うためのこの場所で ひとときの乘り合わせ

家出した夜を思い出に変えて
どんな道を今 歩いているのかな

朝焼けに レールは変わらずに歌い出す
行き帰りの中で 作られてく未来を信じて
焦り出す気持ちが また涙になっても
透き通る夜明けの ほほえみと約束思い出して


拾った猫みたいな 行き場の無い願いを
抱きしめたまま君は 心を閉ざしてたね

素直さが何なのか わからないと
素直に話した横顔が よみがえるこのベンチ

今日も押し合う 人混みのホームで
むこうの列車に 君がいた気がした

夕焼けの世界は 明日を見る気持ちと
戻らない何がを追う瞳を すり替えるけれど
気付いた窓の中 確かに笑ってたね
大丈夫と多分言いならがら ピースサインがみえた


朝焼けに レールの鼓動がまた始まる
繰り返しの中で 前に進む心をつくって
つらく悲しくても 何度手放しても
透き通る夜明けの ほほえみと約束思い出して
未来への軌跡(ストーリー)  途切れないように




夕露 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()