君が光に変えて行く

 

作詞:梶浦由記/作曲:梶浦由記/編曲:梶浦由記/

歌:Kalafina

 

あたたかな風の中で

誰かが呼んでる

暗闇を惜しむように

夜明けが始まる

 

明日はきっと

綺麗な空に

銀色の虹がかかるでしょう

 

こんなに哀しい景色を

君が光に変えて行く

小さな涙の粒さえ

宝石のように落ちてく

未来の中へ

 

心には秘密がある

それでも触れたくて

触れ合えば壊れて行く

躊躇いは螺旋の中へ

 

橋を渡った河の向こうまで

明日はきっと……

真昼の中で

春は甘く深く香るのでしょう

夢から醒めて

人は何を探すの

 

こんなに明るい世界へ

君が私を連れて行く

眩しさにまだ立ち竦む

背中をそっと抱きしめる

 

信じることの儚さを

君が光に変えて行く

目覚めた朝には涙が

宝石のように落ちてく

未来の中へ



夕露 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()