ELEKITER ROUND φ



小さな恋の始まり

光をちりばめた冬の街

かじかんだ手をボケットに

忍ばせては笑ってたね

優しささえ忘れる

慌ただしい日々の中で

君と僕の時間だけは

穏やかで 特別だった

せつなく、Summer snow

二人眺めた

真冬の白い空に抱かれて

きらきら、Summer snow

手のひらの上

真夏の花火に似た儚さで

溶けてゆくよ……


揺れるピアスを両手で

外す仕草が好きだった

風になびく髪の香り

甘く漂うその声も

離れてしまうなんて

思いもしなかった日々

いつからだろう?心の中

Ah 君が 見えなくなって……

探して、Summer snow

グラスの向こう

ありふれたものさえ輝いてた

求めて、Summer snow

愛せてたかな?

君がくれた愛と同じように



「ずっと離さないで」

細い身体抱きしめていたけど

支えられてたのは僕の方

その胸の奥の優しさに oh

見つけて、Summer snow

肩に触れてる

照りつける暑い日差しの中で

さよなら、Summer snow

別々の道

歩んでいく二人を見守るように

降り積もってく…




夕露 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()