作詞︰梶浦由記

歌︰FictionJunction featuring YUUKA

作曲︰梶浦由記

 

 

風誘う木陰に 俯せて泣いている

見も知らぬわたしを わたしが見ていた

逝く人の調べを 奏でるギターラ

來ぬ人の嘆きに 星は落ちて

 

 

「ゆかないで」どんなに叫んでも

オレンジの花びら 静かに 揺れるだけ

柔らかな額に残された てのひらの記憶 はるか

永久(とこしえ)のさよなら 爪彈く

 

優しい手にすがる 子供の心を

燃え盛る車輪は 振り払い進む

逝く人の嘆きを 奏でてギターラ

胸の糸 激しく掻き鳴らして

 

ああ 哀しみに染まらない白さで

オレンジの花びら 揺れてた 夏の影に

柔らかな額をなくしても 赤く染めた砂 はるか 

燃えてゆく さよならのリズム

 

想い出を焼き尽くして 進む大地に

懷かしく 芽吹いてゆくモノがあるの

 

暁の車を見送って

オレンジの花びら 揺れてる 今も何処か

いつか見た安らかな夜明けを もう一度手にするまで

消さないで 灯火(ともしび)

車は 廻るよ



夕露 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()